50th Anniversary Karlmohl x Emi Takahashi

¥ 2,000

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • レターパック

    日本郵便が提供する宅配サービスです。荷物追跡に対応しています。

    全国一律 500円

※5,000円以上のご注文で国内送料が無料になります。

通報する

★12/24全国発売、12/10よりご予約開始!

2020年2月20日に創業50周年を迎えたライブサロン新宿カールモール。
眠らない街新宿に50年間ひっそりと佇む秘密倶楽部のようなサロン。
創業50周年を記念して、今年設立したレーベル「カールモールレコーズ」より初めての7インチレコードを発売!

2017年日本シャンソン協会プリスリーズ優秀新人賞受賞した「奇跡のヴェルベットボイス」と称される、現在注目度ナンバーワンの異端の若手シャンソン歌手・高橋絵実との新宿カールモールのカヴァーコラボ作品
50th Anniversary Karlmohl x Emi Takahashi を製作。

今作ではピアニストとアレンジャーに今野勝晴を迎え、
数々のアーティストと共に作品を残してきた今野ならではの、繊細かつ彼女の歌声を最大限に生かしたアレンジを披露している。

A面にはフランス人女優マリー・ラフォレが1967年に発表した「Mon amour mon ami」
表現力豊かな高橋の歌声が楽器として生かされる、少ない楽器だけで構成された本曲は素晴らしい引き算を感じる。うっとりするジャジーなアレンジは必聴。

B面にはイタリアのリカルド・デル・トゥルコが1969年に歌った「愛の妙薬
(Cosa hai messo nel caffe)」
どこかノスタルジック、かつ洗練されたボサノバテイストのこの曲は、
異国情緒とともに遠い美しい物語の世界へと誘って(いざなって)くれる。

今作のジャケットアートワークを手掛けたのはイラストレーター鵙屋真理子。
「壊れたジュークボックス」の異名を持つバーレスクダンサーでもある彼女が、新宿カールモールの店内や装飾品を繊細なタッチで描いた珠玉の作品。